クラウンTOPクラウン評価>クラウンアスリート4WD性能

クラウンアスリートの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

クラウンアスリート 4WD 性能

 

トヨタの「クラウンアスリート」は、立体駐車場へのスムーズな入庫が可能なボディサイズや、数々の電子デバイスの導入による優れた走行性能、先進の予防安全システムの採用などをセリングポイントとする、国産車を代表する高級セダンです。

 

そして、雪国に住むユーザーなどのために4WDモデルも設定されていますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底評価します!

 

 

 


クラウンアスリートの4WDグレードの価格は?

 

クラウンの売れ筋グレードにおける2WD車と4WD車との価格差は?

 

クラウンアスリート4WD車には、大別すると2.5Lガソリン車と2.5Lハイブリッド車の2タイプがありますが、当サイトの調査による売れ筋グレードは「ハイブリッド2.5S Four」となっています。

 

その2WD(FR)版となる「ハイブリッド2.5S」との価格差は、21万6,000円となります。

 

クラウンアスリート ハイブリッドS 2WD 5,032,800円


クラウンアスリート ハイブリッドS Four 4WD 5,248,800円

 

2WD車との価格差はこのクラスのモデルとしては平均的で、特に4WD車が割高という訳ではありません。

 


クラウンアスリートの4WD車と2WD車との仕様の違いは?

 

〇 クラウンアスリート4WDのボディスペック

 

スペック
クラウンアスリート ハイブリッドS 2WD クラウンアスリート ハイブリッドS Four 4WD
全高(mm) 1,450
1,465
最低地上高(mm)

135

145
最小回転半径(m) 5.2 5.4
車両重量(kg) 1,660
1,740

 

4WD車を2WD車と比較すると、全高が15mm、最低地上高が10mm高いほか、車両重量が80kg重くなっています。

 

また、4WD車は最小回転半径が0.2m大きくなるのも相違点です。

 


〇 クラウンアスリート4WDのパワートレイン

 

ハイブリッド4WD車には、ハイブリッド2WD車用電気式無段変速機をベースとした専用トランスミッションが搭載されます。

 


〇 クラウンアスリート4WDのインテリア

 

クラウンアスリートの場合、2WD車はFRのため、フロア下にプロペラシャフトが存在します。


同様に4WD車にもプロペラシャフトが通っているので、4WDだから室内スペースが狭いということはありません。

 

ただし、4WD車はフロア高がかさ上げされているため、乗り降りのしやすさに若干違いがあります。

 


〇 クラウンアスリート4WDの装備

 

特に装備面での差別化は行われていません。

 


クラウンのライバル車との価格差は?

 

〇 クラウン4WD車の最大のライバル車は?

 

クラウンのライバル車 フーガ

 

クラウンアスリートの最大のライバル車と言えば、「日産・フーガ」でしょう。

 

ハイブリッド2.5S Fourと競合するグレードですが、「フーガ ハイブリッド」シリーズには4WD車の設定が無いため、3.7Lガソリンエンジンを搭載する「370GT FOUR」を取り上げることにしました。

 

価格は、クラウンアスリートの524万8,800円(※北海道地区は525万7,440円)に対し、フーガは530万4,960円と5万円ほど高くなっています。

 


〇 パワートレインの違いは?

 

スペック
クラウンアスリート ハイブリッドS Four 4WD

フーガ 370GT FOUR 4WD

最高出力(ps)

220(システム最高出力)

333
最大トルク(kgm)

22.5(エンジン) 30.6(モーター)

37.0
車両重量(kg) 1,740
1,820

 

パワートレインのスペックを比較すると、クラウンアスリートがハイブリッドシステム最高出力220psであるのに対し、フーガは最高出力333psと大幅に上回ります。

 

エンジンスペックの点では、大排気量のフーガ370GTの方がクラウンアスリートハイブリッドを大きく上回っています。

 


〇 装備の差は?

 

フーガのみに標準で付く装備として、車両周辺の映像をディスプレイ上に映し出す「アラウンドビューモニター」があります。

 

クラウン シートヒーター
※クラウン:toyota.jp

 

一方、クラウンアスリートのみに付く装備としては、前席シートヒーターやエンジンの暖気が済む前に温風が出るPTCヒーター、レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)があるほか、衝突被害軽減ブレーキが歩行者にも対応するなど、総合的な充実度ではフーガをリードしていると言えるでしょう。

 


クラウンアスリート4WD車の実燃費は?

 

カタログ燃費と実燃費の差は?

 

クラウンアスリート・ハイブリッド2.5S Fourの燃費性能は、カタログ燃費(JC08モード)が21.0km/L、当サイトの調査による実燃費が14.8km/Lとなっています。

 

達成率は70.5%と平均よりやや低めですが、カタログ燃費との乖離が大きいのはハイブリッド車共通の傾向です。

 


2WD車と4WD車の実燃費の差は?

 

クラウンアスリート・ハイブリッド2.5Sの実燃費は、当サイトの調査によると16.5km/Lなので、4WD車との差は1.7km/Lです。

 

カタログ燃費の差は2.2km/Lなので、妥当な結果と言えます。

 


ライバル車との実燃費の差は?

 

当サイトの調査によるとフーガ・370GT FOURの実燃費は5.7km/Lなので、クラウンアスリート・ハイブリッド2.5Sは約2.6倍も優れた燃費性能を持っていることになります。

 

パフォーマンスのフーガ、燃費のクラウンアスリート ハイブリッドと、当然ですが持ち味がはっきり分かれる結果となっています。

 


クラウンアスリート4WD車の雪道の走行性能は?

 

クラウンアスリートの4WDはどんなシステム?

 

〇 クラウンアスリート4WDの概要

 

クラウンアスリートの4WDシステムは、ガソリン車とハイブリッド車で異なる方式が採用されています。

 

ガソリン車が「i-Four」と呼ばれる電子制御カップリングを用いたフルタイム方式であるのに対し、ハイブリッド車はトルセンLSD(センターデフ付)トランスファーを用いたフルタイム方式となっています。

 


〇 クラウンアスリート4WDの制御

 

まず、ガソリン車のi-Fourの場合ですが、各種センサーからの信号を4WD ACTで演算処理しながら通常は前後輪トルク配分30:70の状態で走行し、後輪のスリップ傾向を検知すると最大で直結(50:50)までの間で前後トルク配分を連続的に可変する制御を行っています。

 

また、VSC(車両安定化制御装置)との協調制御も行っています。

 

ハイクラウンアスリートハイブリッド車 4WDシステム

 

一方、ハイブリッド車のトルセンLSDトランスファーは、通常は前後輪トルク配分40:60の状態で走行し、前後輪の回転速度に差が生じるとLSDが作動して直結から30:70の間で前後輪トルク配分を連続的に可変する制御を行っています。

 


クラウンアスリートの雪道での実際の走行性能は?

 

〇 クラウンアスリート4WDの発進・加速時

 

2WD車は、グリップのよいスタッドレスタイヤを履いていても、発進時は後輪のスリップによるタイムロスは避けられません。

 

一方4WD車は、ガソリン車/ハイブリッド車ともにほとんどスリップすることなく発進することができ、その後の加速もスムーズです。

 


〇 クラウンアスリート4WDの登坂時

 

クラウンアスリート4WDの雪道の上り坂は大丈夫か?

 

雪道での登坂は、FR方式を採用するクラウンアスリート2WD車が苦手とするシチュエーションです。

 

特に、坂の途中で一旦停車したのちに再発進する場合は、勾配の強さによってはスリップにより前進できなくなる可能性があります。

 

その点、常時4輪に駆動力が掛かる4WD車ならば、難なく登りきることができます。

 

また、降坂時には4輪にエンジンブレーキが効くため、2WD車よりも安心感があります。

 


〇 クラウンアスリート4WDの通常走行時

 

FFベースの4WD車と比較すれば雪道での直進安定性は一歩を譲るものの、2WD車と比べれば遥かに安定した走行が可能です。

 

一方、コーナリング時はFRベースの4WD車ならではの回頭性のよさが感じられる上、安定感も上々です。

 

雪道での総合的な走行性能をガソリン車とハイブリッド車とで比較すると、センターデフを持つ本格派であるハイブリッド車の方がやや勝ると言えるでしょう。

 


クラウンアスリート4WDのまとめ

 

クラウンアスリート4WD車の雪道での走行性能は、いわゆる「生活4駆動」のレベルを超えた、かなり信頼感の置けるものです。

 

ベースとなる2WD車が雪道に弱いFR方式ということもあり、雪国に住むユーザーなら是非とも4WD車を選びたいものです。

 

ただし、最低地上高はガソリン車が150mm、ハイブリッド車が145mmと決して大きくはないので、深雪時など無理は禁物です。

 

一方燃費性能は、ガソリン車はこのクラスの平均的な水準(実燃費9.3km/L)に留まるものの、ハイブリッド車に関してはかなり優れています。

 

走行性能と燃費が両立した高級4WDセダンを望むなら、クラウンアスリート・ハイブリッド4WD車はかなりよい選択です。

 

 

下取り車があればクラウンアスリートの総額を安く出来る!

 

クラウンアスリートを買うなら価格は気になるところでしょう。

 

もし下取り車があれば、新車値引き以上にクラウンの総額を引き下げる事が出来ます。

 

誰でも出来る方法なので、是非実践してみて下さい。

 


気を付けるのはディーラーの下取り金額

 

新車でクラウンを買うなら、ディーラーで下取り車を査定してもらう事でしょう。

 

ここで気を付けてほしいのは、「ディーラーは下取り車を安く見積る事がある」のです。

 

ディーラーは下取り車を安く見積って買い取れることで、値引きの損失分を補う事が出来ます。

 

また、下取り額をアップさせる事でお得感を強調して、新車契約につなげる事も出来ます。

 

このように下取り車を安く取れれば、ディーラーには大きなメリットとなる訳ですね。

 


ディーラーの下取り金額は割と簡単に上げられる?

 

以前、管理人がフィットシャトルを新車に買い替えた時の事ですが、ディーラーで査定してもらうと下取り金額は76万円でした。

 

そこで、ディーラーが安く見積ってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

自宅や会社近くの買取店でもいいですが、買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の買取相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された買取相場は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

 

その後ディーラーへ訪問した時に、「買取店では96万円と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

するとセールスさんは一旦奥へ引っ込み戻ってくると、「上司と相談して今回は買取店さんと同じ金額で行けます」と、ディーラーの下取り金額も96万円に上がりました!

 

この時やった事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーに伝えただけです。

 

割と簡単に上がったので、やはりディーラーは下取り金額を安く見積っているのかな、と思いましたね。

 


ディーラーより高ければ買取店も検討

 

後日、査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいました。

 

すると、20万円アップしたディーラーの下取り金額よりもさらに高くなったのです。

 

その時の契約書はこちらです。

 

 

 

結局買取店で108万円で買い取ってもらいました。

 

もし最初の76万円でディーラーに下取りに入れていたら、32万円も損したことになります。

 

ディーラーだけで決めなくて本当に良かったと思いましたね・・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

管理人のようにディーラーの下取り金額と比較させたい方、早く自分の車の相場を知りたい方、などにはおススメの査定サイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップするかも?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

クラウンの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのクラウン値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクラウンを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のクラウンの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>クラウン値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2008-2018 トヨタ クラウンを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com