クラウンTOPクラウン評価>クラウンアスリート人気オプション

クラウンアスリートでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!


※クラウン:toyota.jp

 

高級セダンの定番モデルとして高い人気を保っているトヨタ・クラウンシリーズの中でも、スポーティなキャラクターが魅力の「クラウンアスリート」で人気のオプションとナビを評価します。

 

メーカーオプションとしては安全装備・快適装備などが、ディーラーオプションとしてはエクステリア&インテリア関係や安全装備・快適装備、ナビなど幅広いカテゴリーのクセサリーが用意されています。

 


クラウンアスリートのおすすめメーカーオプションは?


快適装備のおすすめメーカーオプションは?

 

〇マイコン制御チルト&スライド電動ムーンルーフ(挟み込み防止機能+エンジン/パワーOFF後作動機能付)

 

 

前席の天井部に取り付ける電動開閉式のサンルーフで、晴れた日にオープンエアモータリングの気持ち良さを味わえるだけでなく、雨天時に外光を取り入れ車内を明るい雰囲気で満たしたり、チルトアップ機構を使って換気に利用したりと、使いでのある装備です。

 

価格は108,000円と決して安価なオプションではありませんが、出費に見合った満足度が得られるはずです。

 

さらに5年以内の売却なら、価格分のブラス査定が期待できます。

 

 

〇レザーシートパッケージ

 

 

本革シートが選べるレザーシートパッケージです。

 

クラウンは高級車のイメージが強いので、本革シートの需要が高い車です。

 

中古車市場に出ても本革シートのクラウンやアスリートの人気が高いため、本革シートのクラウンのリセールは高いです。


上記の電動ムーンルーフと組み合わせれば、相乗効果でプラス査定幅が多くなるので、5年以内に買い替えるサイクルなら、高価ですが選択しても損は無いオプションと言えます。

 


〇クリアランスソナー&バックソナー(インテリジェントクリアランスソナー)

 

 

障害物に接近すると表示とブザーで注意を促すとともに、その状態でアクセルを踏むとエンジン出力を制御、さらに距離が縮まると自動ブレーキをかける装備です。

 

クラウンアスリートは車体が大きく前後のオーバーハングも長いので、駐車の際に油断すると壁や他のクルマなどと接触してしまう可能性もありますが、このオプションを付ければそんなリスクを軽減することができます。

 

価格も32,400円と比較的安いので、迷わず装着することをおススメします。

 


〇駐車が苦手ならインテリジェントパーキングアシスト

 

 

前述のクリアランスソナー&バックソナーを装着した場合に付けることができるオプションで、駐車枠の近くに停車してスイッチを押すと、ステアリング操作を自動で行い枠内にクルマを収めてくれる装備です。

 

一部のメーカー・車種に設定されているような全自動駐車システムではなく、あくまでも駐車をアシストするものですが、駐車に苦手意識のある方には付けるメリットが十分あります。

 

価格が32,400円と、この種の装備としては手頃なのも嬉しい点です。

 


安全装備のおすすめメーカーオプションは?

 

〇東京・神奈川・名古屋在住ならITSコネクト

 

 

クラウンアスリートには全車に予防安全システム「トヨタ セーフティ センス P」が標準装備されるので、それだけでも安心なのですが、さらに万全を期したいという方のために「ITSコネクト」と呼ばれる路車間通信システムがオプション設定されています。

 

その内容は5つの機能からなりますが、特に有効なのが交差点での右折待ちの際などに対向車や歩行者がいるにも関わらず発進しようとするとブザー音で警告する「右折時注意喚起」と、接近している交差点の信号が赤であるにも関わらずアクセルペダルを踏み続けると表示とブザー音で警告する「赤信号注意喚起」です。

 

ともに、見落としや注意力散漫による事故を防ぐ効果が期待できるなど、大きなメリットがあります。

 

ただし、右折時注意喚起を有効にするには対応した路側装置が必要で、それが設置されているのは2016年8月現在で東京都・神奈川県・愛知県のみとなっています。

 

従って、これらの都県に在住している方におススメのオプションと言えます。

 


クラウンアスリートのおすすめディーラーオプションは?


エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇高速道路を多用するならTRD Sportivoのフロントスポイラー+サイドスカート+リヤバンパースポイラー(ディフューザータイプ)+リヤトランクスポイラー

 

 

スポーティなエクステリアが魅力のクラウンアスリートですが、足回りやステアリングのセッティングはタウンスピードでの快適性を重視したものとなっているので、高速走行時のビシっとしたスタビリティなどを求めると物足りない面があります。

 

もし高速道路を利用する機会が多いのなら、スタビリティ向上に効果を発揮するエアロパーツの装着がおススメです。

 

クラウンアスリートには、エアロパーツとして標準タイプのほかに、「モデリスタ」ブランドや「TRD Sportivo」ブランドのものがオプション設定されています。

 

これらの中でおススメしたいのが、ダウンフォース増加などの効果があると明記されているTRD Sportivoのものです。

 

他のものは効果面での記述がないので、積極的にはおすすめできません。

 

価格は、表記のもの一式(塗装済み)で214,920円とそれなりに張りますが、外観面でのドレスアップ効果も得られるので、出費に見合った価値があると言えるでしょう。

 


〇盗難防止機能付ナンバーフレームセット(デラックス)

 

 

ナンバープレートを彩るナンバーフレーム(フロント&リヤ)と、盗難を防止するロックボルトのセットで、さりげなくドレスアップを図りたい場合や、治安のあまり良くない地域に住んでいる場合などに好適です。

 

仕上げと価格の異なる4種類が用意されていますが、クールな外観のクラウンアスリートには最も安価な6,912円の「デラックス」(シルバーメッキ)が似合いそうです。

 


インテリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇フロアマットはターボ車ならスポーツタイプ、ターボ車以外ならロイヤルタイプ

 

 

足元に上質な雰囲気をプラスするとともに、汚れた場合も取り外して簡単に清掃ができるフロアマットは、嗜好品というよりも必需品といえます。

 

クラウンアスリートには6種類のフロアマットがオプション設定されていますが、当サイトのおススメはターボ車ならカーボン調のデザインが魅力の「スポーツタイプ」(57,240円)、ターボ車以外ならブラックカラーの「ロイヤルタイプ」(54,000円)です。

 

より高価で上質な仕上げが施されたフロアマットも用意されていますが、クラウンファミリーの中でもカジュアルなテイストを持っているアスリートには、そこまでは必要ないでしょう。

 


快適装備のおすすめディーラーオプションは?

 

〇Qi(チー)対応スマホを利用しているなら「おくだけ充電」

 

 

ワイヤレス充電規格Qi(チー)に対応したスマートフォンなどを利用している方におススメのアイテムが、「おくだけ充電」です。

 

センターコンソール内に設置された充電エリアにスマートフォンを置くだけで充電できるので、ドライブ中にバッテリー残量が減ってしまった場合に重宝します。

 

価格は21,600円で、小さなアイテムとしてはそれほど安価とは言えませんが、付ける価値のあるオプションです。

 


ナビのおすすめディーラーオプションは?

 

〇オーディオレス車ならT-Connectナビ/DCMパッケージ

 

 

廉価グレードはオーディオレス仕様となっており、ナビも標準装備されません。

 

その場合に今や必需品ともいえるナビを付けるには、2機種3タイプが用意されているディーラーオプションを選ぶか、カー用品店などで社外品を選ぶ必要があります。

 

当サイトのおススメは、ディーラーオプションナビの中で最も高価(201,960円)な表記のナビです。

 

これを選ぶメリットは、トヨタースマートセンターと通信でつながることにより、渋滞情報を考慮したルート案内やオペレーターとの通話による情報の提供、ディーラーからのお知らせ、スマートフォンとの連携といった様々なサービスの恩恵に預かれる点にあります。

 

この利便性は他のナビでは得られないので、約20万円を奮発する価値は十分あります。

 


ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

 

〇車載防災セットは高い!

 

 

自然災害にいつ見舞われるか分からないことを考えると、家だけでなく車内にも防災セット一式を備えておいた方が良いかもしれません。

 

ディーラーオプションとして12のアイテムを詰め込んだ「車載防災セット」と称するものが12,960円で用意されており、それを選んでも問題はないのですが、アマゾンなどで同等のものが1万円以下で手に入るので、そういったネット販売品から選んだほうが良いでしょう。

 

 

下取り車があればクラウンアスリートの総額を安く出来る!

 

クラウンアスリートを買うなら価格は気になるところでしょう。

 

もし下取り車があれば、新車値引き以上にクラウンの総額を引き下げる事が出来ます。

 

誰でも出来る方法なので、是非実践してみて下さい。

 


気を付けるのはディーラーの下取り金額

 

新車でクラウンを買うなら、ディーラーで下取り車を査定してもらう事でしょう。

 

ここで気を付けてほしいのは、「ディーラーは下取り車を安く見積る事がある」のです。

 

ディーラーは下取り車を安く見積って買い取れることで、値引きの損失分を補う事が出来ます。

 

また、下取り額をアップさせる事でお得感を強調して、新車契約につなげる事も出来ます。

 

このように下取り車を安く取れれば、ディーラーには大きなメリットとなる訳ですね。

 


ディーラーの下取り金額は割と簡単に上げられる?

 

以前、管理人がフィットシャトルを新車に買い替えた時の事ですが、ディーラーで査定してもらうと下取り金額は76万円でした。

 

そこで、ディーラーが安く見積ってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

自宅や会社近くの買取店でもいいですが、買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の買取相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された買取相場は、ディーラーよりも20万円も高い金額でした。

 

その後ディーラーへ訪問した時に、「買取店では96万円と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

するとセールスさんは一旦奥へ引っ込み戻ってくると、「上司と相談して今回は買取店さんと同じ金額で行けます」と、ディーラーの下取り金額も96万円に上がりました!

 

この時やった事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーに伝えただけです。

 

割と簡単に上がったので、やはりディーラーは下取り金額を安く見積っているのかな、と思いましたね。

 


ディーラーより高ければ買取店も検討

 

後日、査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいました。

 

すると、20万円アップしたディーラーの下取り金額よりもさらに高くなったのです。

 

その時の契約書はこちらです。

 

 

 

結局買取店で108万円で買い取ってもらいました。

 

もし最初の76万円でディーラーに下取りに入れていたら、32万円も損したことになります。

 

ディーラーだけで決めなくて本当に良かったと思いましたね・・・

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

管理人のようにディーラーの下取り金額と比較させたい方、早く自分の車の相場を知りたい方、などにはおススメの査定サイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップするかも?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

クラウンの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのクラウン値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がクラウンを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のクラウンの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>クラウン値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2008-2018 トヨタ クラウンを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com